MENU

お金を借りる時にはローンの比較サイトで調べてから申し込む

自動車ローン,住宅ローン,比較

カードローン融資を行っている会社は多く、銀行や、消費者金融会社が代表的です。
カードローンは、担保や保証人が不要であるため、その手軽さから多くの人が利用しています。

 

カードローン会社ごとに、申し込み内容や、審査の手順、融資のやり方や、貸し付け時の条件設定は違っています。

 

新規のカードローン手続きを行う時には、自分の返済希望スタイルに沿ったものを選ぶようにしてください。

 

カードローン会社ごとに、融資の上限金額や、金利、返済の手段などが違いますので、よく検討する必要があります。

 

ローンの比較サイトを活用する

ネット上には、ローンの比較検討サイトもありますので、各社を比べてみるといいかもしれません。

 

各金融会社の金利や、限度額が比較しやすいように掲載されている比較サイトを利用すれば、効率的に情報収集ができます。

 

比較するポイントの中でも、ローンの金利は見逃せない項目であり、お金を借りるうえで大切な事です。

 

カードローン融資を受けた場合、返済には必ず利息がつきます。
利息を安く抑えたければ、低金利のカードローンを選ぶ必要があります。

 

ネットの比較サイトには、返済手段や、申し込みのやり方についても詳しく記載がされていますので、
返済のことも考えて金融会社を選ぶようにしましょう。

 

諸条件を比較検討し、金融会社を一つに絞り込んだら、カードローンの申し込みをします。
もしもカードローンを使うことにしたら、まずは比較サイトで最も自分が求める内容に近い会社を探してください。


自動車ローンの比較について

自動車を買う時にローンを組むつもりなら、

 

購入を決める前に自動車ローンについての下調べを済ませておく必要があります。

 

自動車は大きな買い物になりますので、わずかな金利差があっても、返済総額がかなり違ってきてしまいます。
自動車ローンを組む時には、金利が低ければ低いほう利息を少なくできますので、特に重要なとこです。

 

自動車ローンは、用途を限定していないキャッシング等のフリーローンよりは金利が低いですが、
それでも、金利がより低いほうが、支払う金額は少額に抑えられます。

 

一番良くない例は、自動車販売店が勧めるオートローンを言われるがままに利用してしまうことです。
ディーラーおすすめの自動車ローンでもいいのかもしれませんが、
よりお得なローンを組みたいという場合は、別の自動車ローンも調べたいものです。

 

他社との検討もせず、貸付条件も充分に吟味しないで自動車ローンを組むと、後悔するかもしれません。

 

いくつかの自動車ローンを候補に挙げて、調べる

審査をクリアしなければ融資を受けることはできませんが、いくつかの自動車ローンを候補に挙げて、調べておくことが大事です。

 

買うつもりの自動車がはっきりとしてきたら、その車の資料を持って金融会社に融資の相談に行きます。

 

融資の上限金額や、金利、審査の通りやすさや、返済の仕方なども、
様々な角度からローンの情報をまとめたランキングのサイトが存在します。

 

返済シュミレーションもできるような使い勝手の良い便利な自動車ローンの比較サイトもあります。

 

各金融会社のローン内容を比較して、自動車ローンを組みたいという時にはどの金融会社にすればいいか、よく考えてみることです。

住宅ローンを比較してお得に借りよう

まとまったお金が必要になったためにローンを組んだことがある人は多いですが、よく利用されているものは住宅ローンです。

 

住宅ローン融資を行っている金融会社は数多く存在していますので、どの金融会社がいいかきちんと調べることです。

 

住宅ローンはまとまった金額を借りることになりますので、ちょったした金利差でも影響は大きくなります。
たった1%が100万円超の利息差となるため、多くのローンを比較して、少しでもお得に借りましょう。

 

住宅ローンは、途中で借り換えすることは可能ですが、諸費用がかかります。
始めから低い金利でローンを利用することができれば、数十万の手数料を払って借り換える必要はありません。

 

一旦融資を決めた住宅ローンを、別の金融会社のローンに借り換える手間と費用が発生するのは、効率の悪い話です。

 

固定金利か変動金利か

住宅ローンの金利には、固定金利と、変動金利とがありますが、より金利設定が低いのは、変動金利のほうです。
一方で、固定金利は高めの金利になっていますが、途中で金利が変わらないので確実性があります。

 

どちらの金利が良いのかは、借り入れする人の家計状況によって変わるので、一概には言えません。

家計が厳しくて少しでも月の返済額が増えると困るという方は、最初から固定タイプを選んでおくべきです。

 

多少、返済額が増えても、家計が破綻する心配がないという人は、少しリスクがあっても変動金利が適しています。

自動車ローンを申し込むには? 仮審査と審査の内容とは?

自動車ローン,住宅ローン,比較

車を購入する際、金額が数百万円という高額になるため
一般的には金融機関に自動車ローン(カーローン)を申込みます。

 

まずインターネットで金融機関のサイトから受けることができる仮審査があり、
これは大まかな借入可能額や申込みの可否が事前にわかるので
調査に便利です

 

金融機関の自動車ローン審査でチェックされる点は年齢(基本20歳以上完済予定70歳以下)、
収入額や返済能力に関する個人情報と信用保証機関が取り扱う信用情報です。

 

過去の返済遅延などは信用情報に残ります

信用情報はクレジットやキャッシングローンの利用履歴を集約したもので、審査通過に大きく影響します。

 

もし過去に別ローンの返済遅延や滞納、特に任意整理や自己破産といった債務整理がある場合、
記録は5年~10年程残るので審査に対するマイナス面が大きくなり要注意です。

 

基本的には社会人で勤続年数が長く安定収入がある人は審査に通りやすい傾向がありますが、
パートやアルバイトでも返済能力があり保証人がいれば考慮される場合があります。

 

審査時に免許証等の本人確認書類、住民票、所得証明、自動車購入証明等が必要なので事前に用意しておくことが求められます。


住宅ローン控除額の計算方法とは

自動車ローン,住宅ローン,比較

住宅ローン控除とは、居住用の住宅を取得する際に利用した住宅ローンの年末残高に応じて、
所得税と住民税を安くする制度を言います。

 

その計算方法は居住を開始した日によって異なり、
平成26年4月1日から平成31年6月30日までに居住を開始した場合は、
年末の住宅ローン残高の1%に相当する金額を所得税から差し引きます。

 

なお、控除できる金額は40万円が限度となり、控除期間は10年間です。

 

所得税から引ききれなかった金額は住民税から差し引きます.。

 

しかし、こちらも限度額があり所得税で課税された所得の7%と136,500円を比べて低い方の金額が限度となります。

 

つまり、住宅ローン控除可能額からまず所得税を引き、残額があれば住民税から引きますが、
それぞれ控除できる限度額があるという事です。

 

なお、居住を開始した日が平成21年1月1日から平成26年3月31日までの場合は、
年末の住宅ローン残高の1%に相当する金額を差し引くことは代わりませんが,
限度額が異なり、平成21年の50万円から10万円ずつ減額されています。

[住宅ローンも自動車ローンも比較して決める]関連情報

このページの先頭へ